長洞元気村とは


津波の惨状を知れば知るほど「一人では生きてゆけない。」誰もがそう思ったに違いない。食糧やガソリンの確保・不明者の安否確認そして集落内の民家に分宿。長洞集落自治会は地域一丸となって震災に立ち向かう。長洞元気学校を開校、市(行政)に用地を確保したうえで仮設住宅建設を要求、成し遂げてその仮設住宅団地を”長洞元気村”と呼んでいる。10年後20年後を見据えながら長洞復興計画づくりに取り組んでいる。

長洞元気村の毎日を発信します。

陽だまり広場に集まった村民です。

7/17  開村式の様子、村長からのお礼の言葉

3/23 ~4/16  長洞元気学校(寺子屋塾)

3/11 津波が堤防を越え迫ってきます(撮影 齊藤孝一) 4/2  NHKニュース深読みで長洞集落の取組の紹介 5/3  長洞元気村公式ツイッター開始 5/9    造成工事着工 5/26 長洞元気村ブログで情報発信開始 6/5   仮設住宅(長洞元気村)の建設工事が始まりました。 7/17    長洞元気村開村式 (仮設住宅完成祝い) 7/21    台湾の復興リーダー 廖嘉展ご夫妻来村 8/7  長洞部落会通常総会「高台移転・避難路拡充・港湾復旧」要望決議 8/30 第1回長洞集落復興懇談会(仮設研・県振興局・県建築士会・他) 9/24 奥尻町視察「人工地盤・高台移転」盛岡タイムス馬場記者同行 3泊4日 9/30  第2回長洞集落復興懇談会(仮設研・中日新聞記者・他)

2012年2月27日 長洞元気村 なでしこプロジェクト ブログを開設Cialis generico in farmacia